ネオトライダガーS30ZMC

ブレードアスチュートが「ハルウチの宿題」なら、このマシンは「月影TAKAの宿題」です。 元ネタは湾岸ミッドナイトの悪魔のZです。 やっぱり、S30Zをイメージするならジルボルフではなくネオトライダガーかな。 理由は「古いから」。 20年ぐらい前の第2次ブームからこのボディーあるからな♪ 正真正銘、旧型ボディーだよ(最近、SKL本店で買ったけど)。 初のポリカボディーになります。 ※タムタム神戸店の2017年2月コースの仕様に合わせて、スリムマスダンの1.5gをフロント側に移動させました。 隠しマスダン仕様になってます。

2017/02/05 19:46:05

PARTS

  • ポリカボディー
  • 緑スポンジブレーキ
  • 低摩擦プラローラー(レストア品)
  • ロックタイト 強力 瞬間接着剤
  • スーパーX用FRPプレート加工サイドマスダンプレート
  • 東北ダンパー

DIARY

RECOMENDATION

  • ネオトライダガーZMC フレキ版
  • フォーミュラ・マグナムver1.5
  • VZサイクロンマグナム
  • ネオトライダガーZMC
  • ネオ トライダガー ZAX
  • トライダガー&ネオトライダガーZMC

COMMENT

月影TAKA

オカダ コージさん、その気持ち分かります♪私達世代でも当時出ていたパーツに再トライするのは胸高まる物があります。20年前は作れませんでしたが、今回リベンジ達成できました♪

オカダ コージ(σ−σ)

プラボディーでZMC出た頃… 全高の低さと角張ったデザインに 『カッコイイ❕』って、なって…… 約20年以上(∂~∂)… 旧キットもポリカボディーも いまだに売られてうれしい\(>~<\)♪

pagetop