SAT-01 ハイパーおおふなトンF

SAT印のゆるキャラ四駆1号機 岩手県大船渡市のゆるキャラ「おおふなトン」をテーマにしたミニ四駆。 初代おおふなトンverGTが廃車となったためF1に進化。 市の花である椿の赤と緑からイタリアンカラー、F1をイメージしてフレイムアスチュート、エアロアバンテのウイングを使用して作成。 フレイムアスチュートをMAシャーシに載せることでボディ自体が電池抑えとなりAパーツを廃止、軽量化に成功。 軽量化した分は謎のマフラー風パーツでプラマイゼロ。 フロントとリアはダブルでスラダンを装備、コーナー特化型。 そのせいでリアにマスダンを積むスペースが無くなったのでウイングを可動式に改造。 ドライバー人形は市販のストラップとピッグを組み合わせて作成。 駆動も少し改良し、コンデレ兼実戦仕様で仕上がりました。

2019/05/18 01:49:57

PARTS

DIARY

RECOMENDATION

  • レッドウルフ号
  • MA Wining Bird
  • DCR-01 SNC study
  • FM-X
  • MA ブラックマンタ
  • 勢いで作ったMAファルコン

COMMENT

pagetop