ピン打ち式リアアンカー

ピン打ち式リアアンカー

  • 3205
  • 39
  • M
  • M

This parts is registered in8people

通常ネジで固定するアンカーをピン打ちで作成しました。 土台は3mmカーボンで作成しています。今後改良はしますが、この方が見た目がスッキリしますし、硬さ調整も容易なのでいい気がしています。 ただ、これ固定穴とか全て新規で開け直さないといけないので、精度出すのが大変です、、

2018/07/13 17:53:07

MACHINE

COMMENT

M

そうですね、JC後半は薄紙以降を意識するようになったので、連戦でも耐えうる設計が重要と考えてマシンの修正をしていきました。ロッキングみたいな高負荷セクションも最近は登場していますからね。

  • M
  • 2018/11/24 00:10:30
ながお

現場で何かあったら現場で何とかしなければいけないですからね~ チャンピオンズの方達もそこは気にしているようで。メンテナンス性は大事ですね。

M

逆に利点はそれくらいですね笑 実際JCの後半戦では一般的な手法に変更しています。ピン打ち等の改造は現場修正しづらい為、これ以降やってません。カーボンの組継ぎも似たような理由で基本やりません。

  • M
  • 2018/11/23 23:53:38
ながお

でもこれはキノコスタビが消耗しにくくて良いですね(^-^)

pagetop