ペラタイヤ均一化技法

ペラタイヤ均一化技法

This parts is registered in19people

タイヤを四輪とも誤差なくペラタイヤにするのは難しいですよね。個別にノギスを使いながら0.01mmの誤差に一喜一憂した経験あると思います 僕の場合はいつもペン型ハンドドリルを使って普通のホイールを接着したモノをドリル先端にはめて個別に削っていました。 先日ふと、四輪とも一気に削れば誤差なく削ることが可能なんじゃないかと思いつき作成した物が今回の技法です 用意するものは バルサ丸棒大径タイヤ用25mm 小径タイヤ用20mmの円筒木材です。 それぞれコーナンで268円と178円と非常にリーズナブル。あとはドリルの土台になる100均で買える2.3mmを軸に使っています 中心軸は大径ローハイトホイール25mmの円筒にテープで固定。小径は通常の20mm径のホイールを治具にして中心軸を垂直に穴を空けることが出来ます。 僕の場合は1.8mmで貫通した後2.0、2.1mmと徐々に広げました。開いた穴に瞬間接着剤を流し込み、2.3mmのドリルを差し込んで固まるのを待ちます。 タイヤが5本分くらいの長さに適度に円筒を切断したら完成です 4本一緒にタイヤを並べてみると、一緒の大きさに削ったと思い込んでいた自分が恥ずかしくなるくらいずれていて、ビックリします。 デコボコの出ている部分を先に削り取り、大体一緒の高さになってきたら後は軽く押さえるながらシューっと回し続けていきます。 4輪が全く誤差なく綺麗に削れたらペラタイヤ完成 ペラタイヤは今までも作って来ましたが今回の技法で作ると4点設置の安定感がバツグンに決まります。リヤやフロントのブレーキの高さが左右違ったりすることに悩んだりしていたことがウソみたいに解決しますよ。 素材木製なので気にする人は正円取れてないとか中心軸がブレて正確ではないかもしれません。 ですが個別に削り一個一個別作業で作るよりは僕の場合はキレイに作れましたので参考にされる方は試してみてください

2018/06/22 01:34:48

MACHINE

COMMENT

pagetop