立体FRP

立体FRP

This parts is registered in7people

プラ板の折り曲げ加工を応用して立体化しました。 山折側だけの切り込みでは折り曲げた際に裏側の繊維が捲れてしまうので、両面に切り込みを入れました。 ◇手順 ①両面にマステで折線の位置を決める ②カッターやナイフでマステに沿って罫書く ③カッターのこで山折側に半分位(0.7〜0.8㍉)、 裏面に1/3位(0.5㍉)切り込みを入れる ④ゆっくり折り曲げて狙った角度にする ⑤瞬着で固定する※ ⑥ペーパー掛け ※クリヤーファイルやカードケースなど瞬着が接着できない素材(PEやPP)を使うと整形し易いです。 折ることが目的だったので使い道を考えていませんでしたが、フルカウル用と穴の位置が偶然一致したのでリップスポイラーとして使いたいと思います。 瞬着で固定する際に使いたいビス穴の位置をシャーシやステーと合うようにチリ合わせすると精度良く作れる気がします。 まだ瞬着が足りない箇所があるものの、そこそこしっかりしています。でも、クラッシュしたらモゲることでしょう。それはそれで実車のレースみたいですが。 ゆくゆくはカーボンも試してみたいところですが、切り込みを入れるのに苦労しそうなので、タミヤ謹製が出ることを祈っています。

2018/02/02 18:04:40

MACHINE

  • DAIHATSU KOPEN RMZ The WIDE

COMMENT

K&N Works

あきんどさん、ありがとうございます❗ これにローラー付けるとアルミ可変ダウンスラストローラーみたいになります。ただ、強度が心配です😅

AKI'nd (あきんど)ヽ( ̄д ̄)

コレいい!上手くやればスラストも付けられそうですね!

pagetop