【初心者向け】S1シャーシの2点留めリヤステー作例【図解】

スーパー1シャーシといえば発売から25年近く経つ古いシャーシであるが、スーパー2の元になっただけあってしっかりセッティングすれば最新のマシンとも対等に戦える優秀なシャーシである。 そのため現在でも愛好家は多く、過去にミニ四駆をやっていて復帰した際に再びスーパー1を扱う人もかなり存在する。とはいえ弱点もそれなりに抱えており、特にフロントバンパーとリヤステーの脆弱性は度々問題視される。 そこで今回はボールリンクマスダンパーに付属するFRPプレートを使用した2点留めのリヤステーに関する作例を紹介する。 詳細は上図の画像群を参考にして頂きたい。 基本的にシャーシのリヤステー接続基部を固定する箇所、そしてリヤステーと接続基部を繋ぐアジャスターのFRPプレート。この2つの加工を行うだけで簡単にスーパー1シャーシのリヤステー/ローラーを頑丈にセッティング出来る。 気になる人はお試しあれ。 【2015/12/26追記】 500VIEW&50COOL超えありがとうございます。

2015/12/18 03:05:54

PARTS

DIARY

RECOMENDATION

  • シャイニングスコーピオン Mk-Ⅱ
  • シャイニングスコーピオン
  • ビクトリーマグナム
  • シャイニングスコーピオン A-Ⅱ
  • S1
  • ビクトリーマグナム(2019.04~)

COMMENT

YOTSUYAN

ササキさん、883さん、ユウノさん、参考になったなら光栄です!

ユウノ

いやー勉強になります。 やってみよう!

藤本一家

すげー勉強になりました😆

ササキ

これはいいかもしれない!!!!!

pagetop