マッハビュレット

いつもそうなんですが、今回のタイプ3制作にいたっては、チームリーダーの協力無しでは語れません。タイプ3の楽しさ、快感、インパクトを分けてくれてありがとう!! さらに、ショック吸収タイヤしかり、コンペギヤの現物購入にも、一役も二役も買ってくださり、併せてお礼申し上げます👍 さてさて… タイプ3です。さすがに、下からマシンを作らざるを得ませんでした。まず、ボディどうこうじゃなく、走らせれる状態にしなきゃならない。 フロントバンパーは上向いてるわ、リアステー付ける穴は無いわで、そこら辺から手を付けていきました。FRPをはっつけはっつけして、どうやったかは説明出来ないので、写真をみてもらう他ないです(笑) フロント、リア共に組み方に個性が出て面白いですよね。下(シャーシ側)はすんなり収まりました。 Air AT Liveのスラダン化、ワンウェイ、ショック吸収タイヤの使用感も問題なく…順調に完成を迎えるかと思いきや 今回のマシン最大の落とし穴が、ボディのデザインでした。これも、説明出来んのんで移り変わりを写真に収めましたので、見てやって下さい(笑) ゼブラ柄って上手く書けないんすね シールに助けられ、納得いくものが出来ましたので、久しぶりのLive感仕様での完成となりました。嬉しい!!またレースで使って行きたいと思います。 コンデレ1箇条 『残念な部分は残す(を作る)』そして、見てもらう。→コンデレってカッコイイ作品やなくても良いんだって思ってもらい…かくがくしかじか… これのみ!!です(笑)

2019/10/28 15:20:17

PARTS

DIARY

RECOMENDATION

  • アスチュート
  • 【2020NY】マッハビュレット
  • レストア日記【時カノっ!】第4話「結果発表と反省 前編」
  • バーニングサン type2前後異径
  • c-at号
  • マッハビュレット(クラシック)

COMMENT

pagetop